ここから本文です

コベルコ建機、現場テレワーク推進 日本マイクロソフトと協業

5/23(木) 13:59配信

日刊産業新聞

 コベルコ建機(楢木一秀社長)は22日、日本マイクロソフト(平野拓也社長)とクラウドやAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)など先進テクノロジーを活用し、コベルコ建機の働く人を中心とした、建設現場のテレワークシステム「K―DIVE・CONCEPT(ケー・ダイブ・コンセプト)」推進で協業すると発表した。協業のファーストステップとしてマイクロソフトのパブリッククラウドプラットフォームMicrosoft・Azureを採用、オペレーションの円滑化、可視化、効率化できるコミュニケーションの実現を図る。2025年までに展開する環境を整える。5Gを想定し、テリワークでの遠隔操作を国を超えて可能とし、建設業界の働き方改革を促進する。

最終更新:5/23(木) 13:59
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事