ここから本文です

ハーフナー・マイク弟ニッキ、スイス1部クラブにステップアップか?長身DFはリベロでもプレー可

5/23(木) 8:11配信

GOAL

元U-20日本代表で現在スイス2部のFCヴィルに所属するDFハフナー・ニッキは、同国1部のFCトゥーンへの移籍に迫っているようだ。スイス『transfermarkt.ch』が伝えている。

柴崎・大迫・権田ら日本代表美人妻が勢揃い!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【40枚】

現役時代は複数の日本のクラブでプレーしたGKコーチのディドを父に持ち、元日本代表FWのマイクの弟でもある現在24歳のニッキ。2016年1月には名古屋グランパスから元日本代表FW本田圭佑がオーナーを務めるオーストリアのSVホルンに渡ると、2018年夏にはFCヴィルへの移籍を果たした。

スイス2部でのシーズンを5位で終えたクラブではセンターバックやリベロとして公式戦29試合(2ゴール)にフル出場したニッキだが、ここに来てステップアップの可能性が濃厚に。『transfermarkt.ch』によれば、1部を4位でフィニッシュしたFCトゥーンは198センチの長身を誇るDFに強い興味を抱いており、先日には選手本人も同クラブの練習施設で目撃されたという。

なおニッキのFCヴィルとの契約は2020年まで残しており、今夏の移籍の際には移籍金が発生するとも指摘されている。

最終更新:5/23(木) 8:11
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事