ここから本文です

小学生が「内輪差」など交通の危険を学ぶ トラックとの綱引きにも挑戦 高松市

5/23(木) 17:25配信

KSB瀬戸内海放送

 子どもたちに交通安全への理解を深めてもらおうと、高松市の小学校でトラックなどを使った特別授業が行われました。

 特別授業は、香川県トラック協会や四国運輸局などが毎年行っています。
 23日は、高松市立檀紙小学校の2、3年生がトラックの後輪が前輪よりも内側を通る「内輪差」などについて学びました。

 また、普段はなかなかできない貴重な体験もしました。

(石井俊大リポート)
「子どもたちはトラックの重さや力強さを学ぶため、綱引きを挑んでいます」

 この特別授業は今年度、県内8つの小学校で行われる予定です。

(児童はー)
「自動車とかが強いっていうことが分かった」
「風船が、もし人間だったら怖いと思った」

最終更新:5/23(木) 18:35
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事