ここから本文です

元世界5位ツォンガ 逆転で8強入り、リヨンOPでは6勝負けなし<男子テニス>

5/23(木) 14:43配信

tennis365.net

リヨン・オープン

男子テニスのリヨン・オープン(フランス/リヨン、レッドクレー、ATP250)は22日、シングルス2回戦が行われ、2017年覇者のJW・ツォンガ(フランス)が世界ランク262位のS ・ディエス(カナダ)を3-6, 7-6 (7-3), 6-3の逆転で破り、ベスト8進出を果たした。

【ツォンガ復活V「素晴らしい」】

元世界ランク5位のツォンガは第2セットでディエスの勝利まであと2ポイントと追いつめられたが、粘りをみせタイブレークを制しセット1オールとする。最後はドロップショットを決めて勝利し、同大会のここまでの戦績を6勝0敗とした。試合時間は2時間42分。

男子プロテニス協会のATP公式サイトはツォンガのコメントを掲載しており「このような長い試合をプレーするのはいいことだ。長い間、このような試合をしていなかった。プレーはベストなレベルではないけど、精神的に全力を出して自信を得たよ」と語った。

準々決勝では、第1シードのN・バシラシヴィリ(ジョージア)とベスト4進出をかけて対戦する。バシラシヴィリは2回戦で世界ランク270位のT・ラマサイン(フランス)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の2回戦では、第2シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第3シードのD・シャポバロフ(カナダ)、世界ランク46位のT・フリッツ(アメリカ)、同51位のB・ペール(フランス)が8強入りを果たした。

最終更新:5/23(木) 14:43
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事