ここから本文です

踏切に入ったまま動かない女性…高校生や夫婦ら4人が救助 ボタン押して電車は非常停止 深谷署が感謝状

5/23(木) 10:53配信

埼玉新聞

 埼玉県の深谷署(鎌田政由喜署長)は、人命救助活動に貢献した県立深谷高校3年、山中優貴さん(17)ら計4人に感謝状を贈呈した。

意識不明の女性が道に…偶然通った看護師が心臓マッサージ、通行人もカラーコーン置く…意識戻る 県警表彰

 表彰されたのは、ほかに深谷市の会社員武鎗徳久さん(54)と妻淳子さん(51)夫妻、熊谷市の自衛官久保陽介さん(34)。

 同署によると、4月10日午後9時50分ごろ、深谷市上柴町西の踏切で、立ち入ったまま動かない女性(56)を居合わせた4人で救助したという。

 淳子さんがJRの指令室に届く緊急ボタンを押し、電車も非常停止した。

 感謝状の贈呈には3人が出席し「一人の命が助けられてよかった」と話していたという。

最終更新:5/23(木) 10:53
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事