ここから本文です

人気の名車・トヨタ2000GTも登場 羽生でフェス クラシックカー123台集結 国際色も豊か

5/23(木) 11:11配信

埼玉新聞

 埼玉県羽生市の中岩瀬公園通りで19日、第6回「西Wing羽生グローバルタウンフェスティバル」(実行委員会主催)が開かれた。同時開催のクラシックカーフェスティバルでは、昭和の名車・トヨタ2000GTが登場して人気を集めた。懐かしのクラシックカーは123台集結した。

飛んだ車が突っ込むクラッシュ披露 埼玉自動車大学校の祭典に8千人 昭和の名車300台、痛車など展示

 トヨタ2000GTはトヨタ自動車とヤマハ発動機が共同開発したスポーツカーで、トヨタブランドで1967年から70年まで生産された。展示された車両は前期型。車体は純白に光り輝いていて、ファンをとりこにした。

 また、トヨタスポーツ800やホンダS600、プリンスから日産へつながるスカイラインの数々、マツダのコスモスポーツ、スバル360など、時代を彩った名車がずらりと並んだ。古き良き時代のアメリカ車も存在感を見せた。
 
 「グローバルタウン」をうたい、フェスティバルは国際色も豊か。実行委員会代表の入江建夫さん(70)は「フェスティバルでは、16カ国の民族衣装を着てもらった。ステージでは、世界各国の歌も披露した。ロシア料理なども楽しんでもらった」と話した。

最終更新:5/23(木) 11:11
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事