ここから本文です

ネイマール、エムバペを利用しPSG退団を目論む

5/23(木) 17:35配信

SPORT.es

「パリ・サンジェルマンが新たなプロジェクトでさらなる責任を負うべき時が来ている」と発言したキリアン・エムバペ。
ネイマールはキリアン・エムバペの自身の将来に関するこの発言を利用し、レアル・マドリー移籍を目論んでいる。

元バルサ助監督ウンスエ、サラゴサの次期監督候補筆頭に

『El Espanol』によれば、フランスへの順応に問題を抱え、期待に反して満足できるパフォーマンスを見せられていないにも関わらず、PSGがネイマールへの信頼を繰り返し語っている。その一方ネイマールに近しい人々は、ネイマールを移籍させるためにPSGにプレッシャーをかける条件が揃い始めていると考えている。

会長ナーセル・アル=ヘライフィーによる金銭的な部分でのエムバペへの今後の対応や、監督トーマス・トゥヘルもエムバペにチームのリーダーを任せる意向がエムバペとPSGの間に起こっている問題によって明らかになり、ネイマールにどのように振舞うべきか示唆している。

ネイマールはこのエムバペが優遇されている状況を利用し、自身の移籍を推し進めようとしている。ネイマールにはレオ・メッシの陰になることに満足できなかったというバルサでの前例がある。

PSGはエムバペを来シーズンもチームにとどめるために火消しを行ったが、エムバペに関する問題はすぐにでも再熱しそうである。まだエムバペや周りの人々もチームに残留するか声明を出していない。そしてネイマールはPSG退団という自身の利益を享受するためにこの衝突を利用する機会を注意深くうかがっている。

SPORT.es

最終更新:5/23(木) 17:35
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事