ここから本文です

森保一監督、久保と大迫2人の10代初招集に「年齢は関係なくパフォーマンスで招集した」

5/23(木) 13:51配信

GOAL

久保に代表で期待することは…

日本サッカー協会(JFA)は23日、キリンチャレンジカップ2019に臨むメンバーを発表。森保一監督が記者会見に出席している。

【動画】浦和vs湘南、“世紀の大誤審”はなぜ起きた?当該の審判団は「憔悴し切っている」

今回のキリンチャレンジカップ2019は、コパ・アメリカと分けてメンバーを発表。どのような布陣となるかに注目が集まる中、長友佑都や酒井宏樹、大迫勇也といったベテラン選手たちがキリンチャレンジカップのメンバーに選ばれた。加えて、FC東京の久保建英、サンフレッチェ広島の大迫敬介といった若い選手たちも初の代表入りを果たしている。

森保監督は2人の招集に踏み切った理由として「まず2人の選手は年齢に関係なく、チームで存在感を発揮している。結果につながるプレーをしていることを評価してA代表に招集しました」と説明。さらに、期待もこのように寄せる。

「彼らはまだまだ伸びしろもあるので、今の彼らが見せているパフォーマンス+、クラブとは違う経験をしてもらうことで成長してほしい。代表で経験したものをクラブに還元してほしいですね。年齢は関係なくいいパフォーマンスをして招集を勝ち取ったと思う」

また、久保に関して求めていることは、クラブでの仕事と変わらないとコメント。「攻撃に関わることでアクセント、変化となり緩急織り交ぜながらゴールに向かい、守備網を崩していくことを代表でも発揮してほしい」と話した。

「代表全体でいうと国を背負って戦えることはクラブとは違う経験ができるので、さらなる成長につなげてほしい。代表に招集したなかで、みなさんの捉え方がどうかわかりませんが、これまでの代表活動を支えてくれている先輩や選手がいるなかで、彼が飛び抜けているわけではない。代表を支えている選手の背中で学んでほしい」

年齢ではなく、あくまでもパフォーマンスを見た上で招集したことを強調した指揮官。2人の10代のデビューはあるのか、大きな注目が集まるところだ。

最終更新:5/23(木) 13:51
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事