ここから本文です

日本代表、通常より多めの27名選出…森保一監督が語った理由は?

5/23(木) 14:01配信

GOAL

日本サッカー協会(JFA)は23日、キリンチャレンジカップ2019に臨むメンバーを発表。森保一監督が記者会見に出席している。

【動画】浦和vs湘南、“世紀の大誤審”はなぜ起きた?当該の審判団は「憔悴し切っている」

今回は久保建英や大迫敬介といった若い選手から、岡崎慎司や川島永嗣といったベテランまで招集し、27名を選出した。通常より多めのメンバーとなった理由を、森保監督は以下のように説明する。

「理由は選手のコンディション的なところで、シーズンが終わって間が空いている選手もいますし、これまで実際に活動を通して見てこれなかった選手もいたので多めに招集した。そこでキリンチャレンジカップの2試合に臨もうと考えている」

また、多く招集することで、これまでのように全員を先発で起用できない可能性もあるが、指揮官は次の大会までを見据えているようだ。

「これまでのキリンチャレンジカップは、招集した選手をできるだけ多くプレーしてもらうことを見てきました。特にスタートから使うことをやってきたが、今回は構想としてはまだ固まっていません。27人に関してはキリンチャレンジカップもそうですけど、次の大会につなげられると思うので招集しました」

コパ・アメリカも視野に入れたメンバー選考であることを匂わせた森保監督。24日に発表されるコパ・アメリカの選手発表も大きな注目を集めることとなりそうだ。

最終更新:5/23(木) 14:01
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事