ここから本文です

福島市「待機児童」97人に減少 4月現在、4年ぶり100人未満

5/23(木) 13:58配信

福島民友新聞

 県内最多の待機児童数を抱える福島市は22日、4月1日現在の待機児童数が97人に減少したと明らかにした。昨年同期比で15人減、昨年10月比で45人減。待機児童が100人未満となるのは2015(平成27)年4月以来4年ぶり。市が22日開いた会議で示した。
 待機児童数は17年10月で250人に上った。市は「受け皿拡大」「保育士確保」の緊急対策を掲げ、認定こども園の新設・整備や保育士の処遇改善などを実行。特に保育施設の定員増が顕著で、今春時点で昨年同期比541人増、来春はさらに486人増の見込み。

最終更新:5/23(木) 13:58
福島民友新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事