ここから本文です

ベルギーで大活躍の鎌田大地、レンタル元・フランクフルトでは放出候補に?

5/23(木) 20:31配信

GOAL

今季16ゴールと結果を残すも…

今季ベルギーのシント=トロイデンで過ごしたMF鎌田大地は、新シーズンは所属クラブのフランクフルトでプレーするのだろうか。ドイツ『ヘッセンシャウ』や『フランクフルター・ルンドシャウ』では懐疑的な見解が述べられている。

今季最も期待を裏切った“ワースト移籍”は?フレッジ、クルトワら15人を選出

現在22歳の鎌田は、昨夏のプレシーズンで就任したばかりだったアディ・ヒュッター監督によってトップチームから外され、移籍市場最終日にシント=トロイデンへのレンタルが決定。すると、ベルギーの地ではFWとして起用され、公式戦36試合で16ゴール9アシストとキャリア最高の記録を叩き出した。

一方で、ブンデスリーガでのシーズンを7位に終え、ヨーロッパリーグでは準決勝まで勝ち上がったフランクフルト。地元メディアでは合計57ゴールと爆発力を発揮したルカ・ヨヴィッチやセバスティアン・アレル、アンテ・レビッチといった攻撃陣の3人の去就は問わず、今夏にレンタル終了の鎌田がトップチームに割り込むのは難しいと述べられている。

フランクフルトの各メンバーの状況を紹介する『ヘッセンシャウ』は、2021年までの契約を残す鎌田について「ベルギーのシント=トロイデンでは(レギュラーシーズンは)12ゴールという満足できる記録を残したが、アディ・ヒュッター監督の構想には含まれないだろう」と報道。「すべてが彼の再レンタルもしくは売却の可能性を指し示す」と完全移籍での放出も考えられるという。

また『フランクフルター・ルンドシャウ』では今シーズン送り出された選手のうち、鎌田が最も活躍したことを伝えつつ、レンタル組の他の選手たちは「全員フランクフルトでの未来はないだろう」と予想。地元の大手メディアではいずれも新シーズンの鎌田の同クラブへの復帰に対し、懐疑的な見解が示された。

最終更新:5/23(木) 20:31
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事