ここから本文です

WTCR:BoPを巡る不協和音でボイコットの可能性も。運営側「必要なデータが不足していた側面はある」

5/23(木) 12:03配信

オートスポーツweb

 5月17~19日に開催された2019年WTCR世界ツーリングカー・カップの第4戦オランダ・ザントフールトでは、BoP(バランス・オブ・パフォーマンス/性能調整)を巡ってチームとTCRオーガナイザーであるWSCの間で混乱が発生。一時はグリッドに並ぶマシンの半数以上がレースをボイコットする可能性も浮上するなど、シリーズスタート2年目でBoP運用の難しさが浮き彫りとなった。

 チェコ共和国のスロバキアリンクから続けて開催された第4大会ザントフールト戦では、イベント前にBoPが発表され、チャンピオンマシンのヒュンダイi30 N TCRはエンジン出力97.5%、BoPウエイト10kg、コンペンセーションウエイト60kg、最低地上高90mmのBoPを継続。

 一方、前戦スロバキア大会のリバースグリッドからワン・ツーを飾っていたFK8ホンダ・シビック・タイプR TCRは、さらに10kgのウエイト軽減措置を受けコンペンセーションウエイト50kgに。同じくアウディRS3 LMSやセアト・クプラTCRもコンペンセーションウエイト40kgへと引き下げられた。

 ECU変更を経たフォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRや、アルファロメオ・ジュリエッタ・ベローチェTCRもコンペンセーションウエイト30kgとされた。ここまでは各チームの許容範囲だったようで問題にはならなかったが、、2019年デビューの新型モデル、Lynk&Co 03 TCRまでもがコンペンセーションウエイト30kgとされたことが最初の火種に。

 さらにWSCのテクニカルグループは、ザントフールト大会のプラクティスを迎える前に追加調整を行い、Lynk&CoのBoPウエイトを30kgから40kgへと増加、ヒュンダイと同じ1335kgのマシン重量にそろえた上で「スロバキア戦ではストレート速度でハンデを追っていた」との判断からエンジン出力を97.5%から100%へと緩和した。

 この結果、Lynk&Coポールスター・シアン・レーシングが最初の予選でトップ4を占拠する事態となった。

 これを受け、少なくとも4チームが「週末のレースには参戦を見合わせる」と、ボイコットの可能性を示唆する事態となり、とあるチーム代表からは「予選で5番手以下がコンマ5秒以上も離されるのは異常事態だ。少なくとも、前戦スロバキアではBoP調整を睨んでスローダウンしていたと考えざるを得ない」との疑念も示された。

 予選後の記者会見でLynk&Co 03 TCRをドライブするイバン・ミューラーが認めたとおり、その後のパドックではライバルチームを中心とした“秘密の会合”も開かれ、ここにLynk&Coポールスター・シアン・レーシングを除く全チームのマネージャーとオーガナイザー担当者が出席。

 あるチーム関係者によれば、そこでは「これはWTCC(世界ツーリングカー選手権)にシトロエンがワークス参戦してきたときと状況が酷似している」との話題も挙がったという。

「Lynk&Coはどうみてもワークスプログラムなんだ(WTCRへのワークス参戦は禁じられている)。1チーム2台の規定に関しては別枠登録(で台数を増や)しても構わない。マシンは吉利汽車が作ったものだが、彼らのマシンは(Lynk&Coシアン・レーシングが走らせる)あの4台以外にどこにも存在していない」

「去年はヒュンダイ勢がシリーズを席巻したが、ヒュンダイのマシンは誰もが購入できる状態で、WTCR以外のシリーズでも戦っていたから明らかに状況が違う。シトロエンがWTCCでワークス活動を始めたときを彷彿とさせるよ」

 ここでふたたびTCRテクニカル・ワーキング・グループが協議を行い、FIAツーリングカー・コミッションの迅速な承認を経てBoPをイベント前の設定へ戻すことを決定した。

 これは2017年のTCRインターナショナル時代、ヒュンダイi30 N TCRのプレ・デビューレースとなった中国戦以来となるセッション間BoP調整となり、一連の騒動に対しWSCの代表を務めるマルチェロ・ロッティも「彼ら(Lynk&Co)はWTCR以外のTCRシリーズに参戦しておらず、まだ開幕から3戦を終えた段階でBoP調整に必要なデータが不足していた側面はある」と火消しに奔走する発言も。

 その直後に開催されたレース1では、Lynk&Co 03 TCRを操るテッド・ビョーク、ミューラーのふたりがPWRレーシングのミケル・アスコナ(セアト・クプラTCR)を1.2秒差で退けワン・ツーを記録。その後の予選でもヤン・エルラシェール(Lynk&Co 03 TCR)がポールを獲得したが、2番手ノルベルト・ミケリス(ヒュンダイi30 N TCR)に対してコンマ1秒差と、その間隔は大きく縮まることとなった。

 この混乱の主要因となった土曜予選前のLynk&Coに対するエンジン出力緩和について、ロッティは「その決定はTCR技術部門によるもので、もちろんLynk&Coからの要請を受けてのものではない」と、改めて説明した。

「私から言わせれば、Lynk&Co自身も土曜のペースに驚いたのではないかな。予選の状況を見て、我々はTCRのエンジニアと即座に協議を始めた。彼らは、マシンに対する理解度が足りないときには往々にしてこのような事態が起こりうると説明した」と続けたロッティ。

「誰もが『BoPは機能していない、不十分だ』と文句を言う。これはある意味で正しい姿なんだ。(抗議の象徴である)黄色いジャケットを着ていないパリのデモのようなものだ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:7/8(月) 12:21
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事