ここから本文です

ラキティッチがグリエーズマンの加入を歓迎「僕の夢を阻まれたことがあったけど…」

5/23(木) 22:00配信

ゲキサカ

 バルセロナへの移籍が噂されるフランス代表FWアントワーヌ・グリエーズマンについて、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチが歓迎の意を示した。スペイン『マルカ』が伝えている。

 グリエーズマンは15日、今季限りでアトレティコ・マドリーを退団することを表明した。これにより、今夏の移籍市場でバルセロナに移籍することが濃厚と見られている。

 同紙によるとバルセロナの選手たちはグリエーズマンの加入を心待ちにしており、ラキティッチもその1人のようだ。「グリエーズマンが僕のチームに来てくれたらと思うよ」と語り、次のように続けている。

「昨年、彼に僕の夢であるW杯優勝を阻まれたということはあったけど、彼のことは本当に好きなんだ」

「まさにトップレベルの選手だし、世界でも最高峰に位置づけられる選手だと思う。彼は、ほぼ全てを勝ち取ってきた。どのチームでも戦力になる」

 グリエーズマンは昨年夏、バルセロナ移籍が大きく報じられながらも最終的にアトレティコ残留を決断し、2023年まで契約を延長した。バルセロナ側によくない印象を残したが、ラキティッチは気にしていないという。

 クロアチア代表MFは「あの決断はバルセロナや他のクラブに歯向かうようなものではなかった」とし、「彼は単にアトレティコ・マドリーを選んだだけだ。その決断は尊重するし、もし彼が来るのであれば握手をして、あの時の決断を尊重すると伝えるつもりさ」と言い切った。

最終更新:5/23(木) 22:00
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事