ここから本文です

50歳になっても向上心は衰えず!藤田寛之、アンチエイジングで首位奪取

5/24(金) 7:01配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<関西オープン 初日◇23日◇KOMAカントリークラブ(奈良県)◇7043ヤード・パー72>

藤田寛之 今季のクラブセッティング【写真】

今年の6月16日で50歳を迎える藤田寛之が7バーディ・1ボギーの「66」をマーク。今平周吾、H・W・リュー(韓国)とともに首位タイに並んだ。

「こういうゴルフができれば気持ちいいですし、周囲の人からナイスプレーと声をかけてもらえるのも久々ですね」とラウンド後に笑顔を見せた藤田。1997年に初シードを獲得して以来、22年連続で賞金シードを死守している。しかし、昨年はその22年の中でも最も低い賞金ランキング48位に終わった。若いころからトレーニングに励み、いまだに週2回のウェイトレーニングに加え、オープンウィークになればハードな有酸素運動を行っている。それでも、最近は年齢を感じることが多いという。

「体でいえば疲れを感じるようになったので、練習量を減らしたり、いろいろ工夫しています。視力も4、5年前に視力回復の手術をしたので遠くは見えますが、近くのものは見えにくいですね。技術的には、感覚重視で入っていたパットがなかなか決まらなくなったような気がします」

夜中にトイレに起きることも珍しくなく、それを防ぐといわれるノコギリヤシの成分にも興味を持つようになった。そんな藤田を刺激したのが、今年の「中日クラウンズ」だ。盟友であり、ツアーではただ一人の友人という宮本勝昌が2年ぶりに優勝を飾った試合だ。もちろん、そのことも大きいが、それ以上に師匠である芹澤信雄が7年ぶりに予選通過したことに感動したという。

「今年の11月で60歳を迎えるわけですからね。もうダメだといいながらも必死にトレーニングや練習をしている姿を見てきただけに、目頭が熱くなりました。あっ、涙もろくなったところも年齢を感じるところですかね(笑)」と、茶化してみせたが、あらためて年齢を言い訳にしそうになる自分に喝を入れていた。

結局、例年とそれほど変わらない練習量をこなしているようにしか見えない藤田だが、来週月曜日には、1日36ホールを戦う「全米オープン」の日本最終予選にもエントリーしている。ゴルフに対してどこまでも貪欲であり、常にゴルフのことを考えている姿勢はプロになってから少しも変わらない。

ただ、少しずつその姿勢を変えたい気持ちもあるようで、現在は小型船舶免許を取得中だという。さらに、チームセリザワで作成し、年内のうちに発売する予定のCDでは、その美声を披露している。「レギュラーツアーの出場権がある限り、そちらを優先したいですね」という藤田。シニアツアーに参戦するのは、しばらく先になりそうだ。(文・山西英希)

(撮影:村上航)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:5/24(金) 7:01
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事