ここから本文です

いまさら聞けないAmazon S3&オブジェクトストレージ

5/24(金) 8:00配信

TechTargetジャパン

 長年にわたって共有ストレージのプロトコルはブロックとファイルが独占している。ブロックはその名の通り、LUN(Logical Unit Number)やボリューム上にあるデータのブロックを512バイトという細かい単位で更新する。ファイルはファイルレベルでデータにアクセスする。アクセス時にファイル全体がロックアウトされるが、SMB(Server Message Block)やNFS(Network File System)はサブファイルの更新を許可する場合がある。

 ファイルとブロックにはそれぞれ適したデータやアプリケーションがある。ブロックが適しているのはデータベースなどのアプリケーション、ファイルが適しているのは階層構造で保存されたファイルだ。

 データ量やクラウドによって、ストレージアクセスの要件はさらに広がっている。デファクトスタンダードになりそうなプロトコルも新たに誕生している。その一つがAmazon Web Services(AWS)の「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)だ。非常にスケーラブルなパブリッククラウドストレージで、ブロックやファイルではなくオブジェクトを使用する。

 オブジェクトは明確なフォーマットを持たないデータの断片だ。ファイル、画像、地震探査データの一部、その他の非構造化コンテンツなどがこれに当たる。オブジェクトストレージはコンテンツを識別するメタデータを付加してデータを格納する。S3も例外ではない。

 S3がリリースされたのは2006年。そして現在、S3は数十兆ものオブジェクトを保存している。オブジェクトのサイズは数KBから最大5TBに及び、これらは「バケット」というコレクションに配置される。バケットには管理とセキュリティにマルチテナンシーを提供する役割がある。その外側はフラットな構造になっていて、NFSやCIFS(Common Internet File System)、SMBベースのストレージで見られるディレクトリに相当する階層構造はない。

1/2ページ

最終更新:5/24(金) 8:00
TechTargetジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事