ここから本文です

ANA、A380就航 空飛ぶウミガメ、成田からハワイへ

5/24(金) 21:40配信

Aviation Wire

 全日本空輸(ANA/NH)は5月24日、総2階建ての超大型機エアバスA380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」を成田-ホノルル線に就航させた。当初は週3往復で、7月から週10往復に増やす。1便あたりの座席数が従来の約2倍となる520席に増え、2020年度にはハワイ路線のシェア25%獲得を目指す。

◆全機ホノルル線に

 ANAを傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は、A380の新造機3機を発注したと2016年1月29日に発表。成田-ホノルル線に全機を投入する。初号機(登録記号JA381A)が24日に週3往復で就航後、2号機(JA382A)の運航を6月中に始める予定で、7月1日から投入便数を週10往復に拡大する。最後の3号機(JA383A)は2020年春に就航する見通し。エンジンはロールス・ロイス製トレント900を採用した。

 「空飛ぶウミガメ」の意味を持つ「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」と名付け、全機にハワイの空と海、夕陽をイメージした特別塗装を施した。初号機が青(ANAブルー)、2号機が深緑(エメラルドグリーン)、3号機がオレンジ(サンセットオレンジ)と、1機ごとに色と表情が異なるデザインが採用された。

 座席数は4クラス520席で、ファーストクラスが8席、ビジネスクラスが56席、プレミアムエコノミーが73席、エコノミーが383席。各クラスにパソコン用電源と充電用USB端子を備えるほか、Wi-Fiを使った機内インターネット接続サービスを提供し、バーカウンターをクラスごとに設ける。

 アッパーデッキ(2階席)にファーストとビジネス、プレミアムエコノミーを設定。ANAのホノルル線では初のファーストは、日本初のドアを備えた個室型シートを導入した。ビジネスクラスは、家族やカップルが隣同士で座れるペアシートを設けるほか、間仕切りの高さを顔の高さに合わせることで、他人同士になった場合でも隣席を気にせずに過ごせるようにした。

 メインデッキ(1階席)はすべてエコノミーで、後方6列60席に日本の航空会社では初となるカウチシート「ANA COUCHii」を導入。付近にはシンクや着替え台、おむつ交換台などを備えた多目的ルームを設け、授乳やおむつ交換といったニーズにも対応する。

◆平子社長「丸み帯びた機体にホヌのデザイン似合ってる」

 就航に先立ち、成田空港では式典が開かれ、フラダンスなどのパフォーマンスが披露された。また、機体をデザインした増岡千啓(ちひろ)さんが招かれ、機内安全ビデオに登場するウミガメたちも登場した。

 ANAの平子裕志社長は、「A380は丸みをおびた機体で、ホヌのデザインが似合っている」と機体を紹介した。増岡さんは「30センチくらいの絵だったが、24倍の全長73メートルの機体に描かれ、初めて見て大きいなと思った。かわいい口をつけていただき、親しみやすいデザインになった」と感想を述べた。

 初便のホノルル行きNH184便は、乗客512人(幼児13人含む)と乗員24人(パイロット2人、客室乗務員22人)を乗せ、午後8時10分に成田空港の45番スポット(駐機場)を出発。午後8時38分にA滑走路から離陸した。ホノルルには現地時間24日午前8時30分に到着する見通し。乗客にはトートバッグなどの記念品が手渡された。

 ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港(旧称ホノルル国際空港)には、A380就航に伴い、海外の就航先では唯一の自社ラウンジを新設。アッパーデッキへ直接搭乗できるようにする。

 空港内で最大規模となり、ターミナル2の3階、エバ・コンコースにあるC4搭乗口上にオープンする。ファーストクラスの乗客やマイレージサービス最上級会員用の「ANAスイートラウンジ」と、ビジネスクラス客などが使える「ANAラウンジ」を設け、C4のほかにC9搭乗口もA380対応に改修し、同じ時間帯にA380による運航便が重なっても対応できるようにする。

 ANAはハワイ路線に現在、ボーイング787-9型機(3クラス246席:ビジネス40席、プレミアムエコノミー14席、エコノミー192席)を投入しており、同路線のシェアを現在の15%から、A380が全機そろう2020年度以降は25%へ引き上げを目指す。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:5/24(金) 21:40
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事