ここから本文です

地上100mでスイーツ 小矢部クロスランドタワーで空中カフェ

5/24(金) 9:53配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 小矢部市のクロスランドタワー展望フロアで、県内人気菓子店のオリジナルスイーツが味わえる「空中カフェ2019夏」が7月5日からの金~月曜日に計12日間開かれる。出店者の打ち合わせが23日、北日本新聞砺波支社であり、夏にふさわしい爽やかな品々が披露された。

 空中カフェは地上100メートルの開放的な空間でスイーツを味わう人気イベント。公益財団法人クロスランドおやべと北日本新聞社が開き、今回は県内の11店が14種類を提供する。オレンジやパイナップルなどのフルーツをあしらったケーキや食感も楽しいゼリー、口当たりの軽いチョコレートケーキなどがそろう。

 打ち合わせには5店の代表者が集まり、スケジュールなどを確認した。「酸味もある爽やかな味わい」「パイナップルのおいしさで元気が出ます」などとPRした。

 開催は7月5~8日と12~15日、19~22日に開く。毎日違う組み合わせのスイーツ2品と飲み物が楽しめる。営業は午前10時~午後5時(入場は午後4時半まで)。前売り券はタワー入場料込みで1100円(当日券100円増)。6月14日からクロスランド、北日本新聞社プレイガイドと各支社、参加店で販売する。問い合わせはクロスランド、電話0766(68)0932。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事