ここから本文です

【日本ダービー2019予想】 調教Gメンが3強の状態をジャッジ! 追い切りの内容から見えてきたダービーでの“感触”/JRAレース展望

5/24(金) 12:04配信

netkeiba.com

 皐月賞で3着までに入った3頭。いずれも“順調”という言葉で評価できる、日本ダービーでの最終追い切りだった。

 まず、サートゥルナーリア(栗東・角居勝彦厩舎)。皐月賞が休み明けだったこともあり、ここに向けての余力は3頭のなかでは一番あった。それを証明するように、2週前追い切りの段階からCWで速い時計を出しており、最終追い切りも6Fからある程度の時計を出してきた。併せ馬も行っているし、状態に関しては前走以上ということで間違いないだろう。

 ヴェロックス(栗東・中内田充正厩舎)は、1週前追い切りのCW併せ馬が半端ない先着。ここでしっかりと負荷をかけて、最終追い切りは軽めという内容だが、その「軽め」も決して軽くはなく、前走の最終追いよりも負荷が強くなっている。

 最終追い切りの負荷が、前走時よりも弱くなっているのはダノンキングリー。ただし、1週前追い切りには南Wでしっかり併せ馬に先着しているし、最終追いの併せ馬でははちきれそうな手応えで併せた相手よりも手応えは優勢だった。

 他では1週前、最終追い切りともに素晴らしい動きだったアドマイヤジャスタ、最終追い切りでの坂路での動きが力強かったロジャーバローズあたりは馬券的に魅力がある馬になりそう。
(取材・文=井内利彰)

最終更新:5/24(金) 12:04
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事