ここから本文です

タランティーノ作品を題材にしたドキュメンタリー映画が公開へ

5/24(金) 11:10配信

映画.com

 [映画.com ニュース]クエンティン・タランティーノ監督作を題材にしたドキュメンタリー映画「QT8: The First Eight(原題)」が公開されることになったと、米バラエティが報じている。

 タランティーノ監督は、最新作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」が、第72回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品され、ワールドプレミアを行ったばかり。カンヌ映画祭に併設するフィルムマーケットで、「QT8: The First Eight(原題)」の試写が行われ、早くもフランス、ドイツ、トルコ、イタリア、ロシアが配給権を獲得しているという。

 「QT8: The First Eight(原題)」は、「レザボア・ドッグス」から「ヘイトフル・エイト」までのタランティーノ監督作8本を、出演者や関係者、映画評論家などのインタビューで振り返る作品。ティム・ロスやマイケル・マドセン、サミュエル・L・ジャクソン、クリストフ・ワルツ、ダイアン・クルーガーらが出演している。

 監督・プロデュースを手がけるのは、リチャード・リンクレイター監督の最初の21年間のキャリアを振り返る「21 Years: Richard Linklater(原題)」(2014)のタラ・ウッドで、本作も当初は「21 Years: Quentin Tarantino」と名付けられていた。

 2016年、同作の世界配給権をワインスタイン・カンパニーが獲得したものの、その後、共同創業者ハーベイ・ワインスタインのセクハラ疑惑をきっかけに破産。長い法廷闘争を経て、ウッドはようやく同作の権利を取り戻し、カンヌ入りしていた。

最終更新:5/24(金) 11:10
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事