ここから本文です

引越しで無駄な費用を削減するために知っておきたいアレコレ

5/24(金) 14:37配信

マイナビニュース

意外と知らない? 節約ポイント

見落としがちな節約ポイントとは

引越し時期や荷物量のほかに、もっと引越し料金を節約できるポイントはないだろうか? 例えば、引越しには修繕費やハウスクリーニングに費用がかかるのは前述の通りだが、普段からの心構えでこの部分を安くすることもできる。

入居時に気になる破損や汚れを見つけたら、写真に撮って大家か不動産屋と共有しておく。自分で物件に含まれる資材を壊してしまったり、不具合を見つけたりしたらすぐに報告する。などなど、常に現状を明確にしておくことで立ち退きの費用算出は非常にスムーズになる。新居ではなるべく家にダメージを与えないよう、また与えてもすぐに報告するように注意しておこう。

また、賃貸から賃貸への引越しにおいて、旧居の退去日と新居への入居日にズレが発生すると、同じ月に2軒分の家賃を支払わなければならなくなる「二重家賃」期間が出てきてしまうことも要注意。

一般的には、借主は貸主に対して退去の1カ月前までに解約の申し出をしなければならない。つまり、解約を申し出てから1カ月は家賃を支払い続ける必要があるのだ。物件によっては解約までに必要な期間を1カ月以上で設定している場合もあるため、入居時の契約書をしっかりと確認し、解約までに必要な期間を事前に把握しておこう。

前項でも触れたが、荷物を少なくすることも節約のポイントになる。単純に大きなものを減らすというだけでなく、オプションサービスが本当に必要なのか検討することも忘れずに。

例えば現在、大型冷蔵庫を使っているとしよう。その冷蔵庫が十分長い期間働いていて、転居後そう遠くない時期に買い替えを検討するような状況なら、いっそのことこれを機会に買い替えてしまうほうがお得かもしれないというケースも考えられる。

このように、荷物を減らす努力も必要だが、さまざまな決定をなるべく早く行うことも重要だ。大抵の引っ越し業者は3カ月前から見積もりを取ってくれるので、その時点で何を持っていくか、何を処分するかは決めておきたいところ。

引越しが決まったらなるべく早く相談し、複数の引越し日程を候補に出せるぐらいの余裕があると、ひとつの業者でも最安の引越し日が見つけられるはずだ。

引越しのプロに聞く! ワンポイントQ&A


Q. 引越し料金を抑えるコツはありますか?

A. 家電の買い替えを検討されているようなら、引越しの機会に古いものを処分するのも料金節約のひとつの方法ですね。弊社ではお引越しと同時に家電の販売もしていますから、ご家財と併せて新居にセッティングすることもできます。ただし、費用を気にするあまり、必要なものまで処分したり、必要だったオプションを排除したことでご自身がご苦労されてしまうようですと不便を感じるはずです。家電の処分やオプションの選択は手間暇と費用のバランスで考えていただけると快適な引越しができると思います。

3/5ページ

最終更新:5/24(金) 14:59
マイナビニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事