ここから本文です

水死した女性のキャッシュカード使ってATMから預金引き出し 窃盗容疑で男女を逮捕

5/24(金) 11:24配信

琉球新報

 沖縄県読谷村宇座の海岸で3月に亡くなった状態で見つかった県内在住の20~30代の女性のキャッシュカードを使って、現金自動預払機(ATM)で現金を引き出したとして、県警が男女2人を窃盗の疑いで逮捕したことが23日、捜査関係者への取材で分かった。


 亡くなった女性は3月2日昼ごろ、海岸近くの海面に浮いている状態で見つかった。目立った外傷はなく、溺死だったとみられる。捜査関係者によると、男女は女性の死後に現金を引き出した。男女は逮捕前、本島外にいたという。県警は男女が亡くなった女性のカードを入手した経緯を調べている。

琉球新報社

最終更新:5/24(金) 12:17
琉球新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事