ここから本文です

(患者を生きる:3803)食べる 色の区別つかない:5 情報編 自分の見え方知って

5/24(金) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 色の違いがわかりにくい状態は遺伝による先天性の場合と、緑内障や脳炎などが原因の後天性の場合がある。先天性だと、日本人では男性の20人に1人、女性が500人に1人いるとされる。
 人の目には、赤、緑、青を感じる3種類の細胞がある。物を見たとき、それらの細胞が反応するバランスで微妙な色を区別できるとされる。先天性の人は赤と緑を感じる細胞のどちらかを持っていないか、機能していないことが多く、赤と緑、茶と緑、オレンジと黄緑などの区別がつきにくい。
 滋賀医大病院(大津市)で「色覚外来」を担当する岩佐真紀(いわさまき)医師(34)は「色の見え方は個人差があり、色覚異常の程度が軽いと気付かない人もいる」と話す。…… 本文:1,010文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

最終更新:5/24(金) 16:00
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事