ここから本文です

大日本印刷がAI人材倍増へ、AWSの自律走行レーシングカーで強化学習を学ぶ

5/24(金) 10:10配信

MONOist

 アマゾン ウェブ サービス ジャパン(以下、AWSジャパン)は2019年5月23日、東京都内で会見を開き、機械学習の1つである強化学習を自律走行するレーシングカーの開発を通じて学べる「AWS DeepRacer」について説明した。国内での発売時期は未定だが、同年6月12~14日に幕張メッセで開催されるユーザーイベント「AWS Summit Tokyo 2019」などで動作可能な状態で披露する予定である。

【会見で披露した「AWS DeepRacer」の実機などその他の画像】

 AWS DeepRacerは、2018年11月に米国で開催された「AWS re:Invent 2019」で初披露された、強化学習を学ぶためのツールでありサービスである。クラウドのAWS上で動作する開発環境「AWS DeepRacerコンソール」と、同開発環境で作成した自律走行のモデルを用いて実世界のレーシングコースを走らせるための18分の1サイズのレーシングカーであるAWS DeepRacerから構成されている。

 現在のAI技術の進化をけん引する機械学習は、ラベル付きの学習データを用いる教師あり学習、学習データにラベルが不要な教師無し学習、そして強化学習に分けることができる。強化学習は、学習に使用するデータにラベルは不要だが、良い行動に報酬を与える、良くない行動に報酬を与えないといった、特定の行動にインセンティブを与える報酬関数の設定が重要になる。

 AWSジャパン 技術統括本部 レディネス&テックソリューション本部 本部長/プリンシパルソリューションアーキテクトの瀧澤与一氏は「強化学習を活用するためには、この報酬関数の扱いを学ぶ必要がある。AWS DeepRacerでは、レーシングカーをなるべく速く自律走行させるという目的のもとで、報酬関数をはじめとする強化学習について学ぶことができる」と語る。

 開発環境となるAWS DeepRacerコンソールは既に利用可能であり、日本国内でもAWSのIDを持つユーザーであれば、今すぐ試せる状態にある。自身で設定した報酬関数などによってモデルの強化学習を積み重ねた後には、バーチャル空間内のレーシングコースの走行時間を競う「AWS DeepRacer League」にも参加できる。また、このAWS DeepRacer Leagueについては、実機であるAWS DeepRacerにモデルを実装して、AWS Summitなどのユーザーイベントで用意される実コースで走行時間を競うこともできる。

 AWS DeepRacerコンソールは、AWSの無料利用枠では最大10時間分のトレーニングが利用可能だ。AWS DeepRacerの販売価格は米国のAmazon.comで399米ドルとなっている。国内販売については技適取得などが必要であり、これらの準備が完了次第販売できる見通しだ。「AWS Summit Tokyo 2019では、技適を取得したものを使って自律走行を試せるようにする」(瀧澤氏)という。

1/2ページ

最終更新:5/24(金) 10:10
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事