ここから本文です

球児、ジョンソン、ドリス!さすが鉄壁の阪神救援陣 両助っ投頼もし3連投

5/24(金) 9:00配信

デイリースポーツ

 「阪神1-0ヤクルト」(23日、甲子園球場)

 期待は裏切らない。いずれも先頭を出しながら、ホームを許さなかった粘りが勝因だ。阪神・高橋遥の思いをつなぎ、3人でゼロを並べて劇的なサヨナラ勝ちを呼び込む。無失点リレーの先陣を切った藤川球児投手は声を弾ませて、クラブハウスへと歩いた。

 「甲子園なんで、粘りで。それだけです」

 六回1死一、二塁が無得点に終わった直後の七回だった。藤川は先頭への四球から2死三塁となり、ヤクルト・山田哲に四球を与えて一、三塁のピンチを背負ったが、坂口を三ゴロに仕留めて切り抜ける。2勝目を挙げた前日に続く連投で、4月27日の1軍再昇格後、自身10戦連続無失点。この流れにジョンソンも続いた。

 今季2度目の3連投にも「長いシーズンでそういう時もある。投げる時も投げない時も準備をするだけ」とジョンソン。いつも通りの気持ちで八回のマウンドへ。先頭からの四球などで、2死一、二塁と得点圏に走者を背負っても動揺はない。最後は中村に対し、内角への153キロ直球で見逃し三振だ。

 猛虎の誇る鉄壁のリレー。「仕上げ」はドリスだ。九回、先頭・広岡のセーフティーバントを一塁にワンバウンド送球。一度はアウトの判定がリクエストでセーフに。嫌な流れから犠打を挟んで1死二塁となったが、そこから山田哲と坂口を打ち取り、サヨナラのお膳立てが完了だ。

 今季初の3連投で2勝目を挙げたドリスは「集中して自分のイニングを投げればチャンスはあると思った」と胸を張る。自慢のリリーフ陣が仕事を果たしたからこその劇的な幕切れとなった。

最終更新:5/24(金) 9:10
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/20(木) 6:10

あなたにおすすめの記事