ここから本文です

低価格で良スペックのミッドレンジ「Galaxy A30」をソウルでチェック

5/24(金) 10:20配信

ITmedia Mobile

 Samsung Electronicsのスマートフォンといえば、ハイスペックな「Galaxy S」「Galaxy Note」の2つのシリーズが毎年日本でも販売されていますが、その下のミドルレンジ「Galaxy A」シリーズも海外では人気です。2019年のGalaxy Aシリーズは機能も充実され、魅力的なモデルが次々と登場しています。その中でも日本でも発売が決まった「Galaxy A30」が一足先に韓国で発売されました。

大画面で低価格、水滴型ノッチを採用したディスプレイ

 Galaxy A30の主なスペックは6.4型(1080×2304ピクセル)ディスプレイ、Exynos 7904(8コア1.8GHz)、メインメモリ4GB/3GB、内蔵ストレージ64GB/32GB、カメラは1600万画素+500万画素、インカメラが1600万画素です。日本モデルとは若干仕様が異なりますが、大きいディスプレイに高性能なカメラを搭載しつつ、価格は4万円以下。最近急激に勢いを伸ばしている中国メーカーのミドルレンジ機と真っ向から勝負できる製品に仕上がっています。なお、インカメラはいわゆる「水滴型ノッチ」に収められており、フロント面はほぼ全体が表示エリアになっています。

 本体サイズは74.7(幅)×158.5(高さ)×7.7(奥行き)mm、165g。19.5:9のアスペクト比のディスプレイを採用しているので、この画面サイズでも横幅はスリム、十分片手で持てます。なお、側面にはストラップの穴はありません。日本向けモデルにはストラップホールがあるので、日本人の特性に合わせたカスタマイズがなされています。

 背面デザインはオーソドックスなもの。右上にカメラが縦に並び、中央にはロゴと指紋認証センサーが配置されます。本体カラーは日本では4色展開ですが、韓国ではこのホワイトとレッド、ブラックの3色展開となります。

 韓国は日本よりも早く、2014年にキャリアの端末補助金が廃止されてから、「適正な価格で適正なスペックの製品を販売する」ようになりました。日本のような「端末無料」で客を集めるという、ゆがんだ市場が是正されたのです。そしてハイエンド製品が低価格で購入できなくなった代わりに、ミドルレンジ端末が人気を集めるようになったわけです。

 実際に触ってみると、質感や仕上げの高さはさすがSamsungといえる出来で、安心して使えます。カバーを付けないと傷が心配な製品を出しているメーカーもありますが、Galaxy A30はライトユースなら裸で使っても問題なさそう。カメラも日常的な利用なら十分なスペックです。分離プランがこれから始まる日本でも、Galaxy A30は一定の評価を受ける製品になるかもしれません。

ITmedia Mobile

最終更新:5/24(金) 10:20
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事