ここから本文です

日野が訴求、ハイブリッドのメリットは商用車で大きい…人とくるまのテクノロジー2019

5/24(金) 17:00配信

レスポンス

22日から24日までの3日間、パシフィコ横浜で開催された「人とくるまのテクノロジー展2019」。トヨタグループのトラックメーカー、日野自動車は今年中の発売が見込まれている小型トラック『デュトロ・ハイブリッド』の改良版を先行展示した。

[関連写真]

改良新型にはLEDヘッドランプ、誤発進抑制装置や衝突軽減ブレーキなどの機能がパッケージされた安全支援システム、クリアランスソナーなどの新技術が投入される見通しとのこと。

ブースの奥には今夏に発売が予定されている、総重量25トンクラスの大型トラック『プロフィア・ハイブリッド』の新開発パワートレインが置かれている。エンジンを13リットルから9リットルにダウンサイジングする一方で、12速自動変速機に出力90kWの電気モーターを仕込み、総容量11kWhのリチウムイオン電池で駆動させる。日野関係者によれば、非ハイブリッドに対して15%ほどの燃費向上が見込めるという。大型トラックは走行距離がかさむため、車両価格の高さを経費節減効果で十分相殺できるという算段だ。

「メリットは燃費だけではありません。ハイブリッドの電力は電装品を動かすのにも使えます。たとえば冷凍車ですが、普通のパワートレインですと荷の積み下ろしのさいも発電おのためにエンジンを回し続ける必要があるのに対して、ハイブリッドはエンジンを停止させ、リチウムイオン電池の電力で冷凍システムを作動させることができます。バッテリー電力にある程度の余裕がありますから、2時間は動かし続けることができるでしょう」(日野関係者)

また、ブースの片隅では日野が連綿とチャレンジしてきたパリダカールラリーの記録映像も流されていた。

《レスポンス 井元康一郎》

最終更新:5/24(金) 17:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事