ここから本文です

「HUAWEI P30/P30 lite」、一部量販店やAmazon.co.jpでも販売見合わせ

5/24(金) 18:55配信

ITmedia Mobile

 米政府からの禁輸措置の影響で、キャリアやMVNOが続々と販売を見合わせているHuaweiスマートフォンの新モデル。一部の量販店も、5月24日に発売されたSIMロックフリーの「HUAWEI P30」と「HUAWEI P30 lite」の販売を停止している。

当初発表されたP30の販路

 エディオン、ケーズデンキ、ヤマダ電機は、現時点でP30/P30 liteを販売していない。ヤマダ電機の広報担当者は「Googleからの継続的なサポートが不透明な状況では販売できない。サポートが確立するまで見合わせている」とコメント。ケーズデンキの広報担当者は「お客さまに安心して使ってもらうため」と販売停止の理由を話す。

 一方、上新電機、ビックカメラ、ヨドバシカメラは予定通り5月24日からP30/P30 liteを販売している。ビックカメラ広報は「実際に売れていてお客さまからニーズがある」と話していた。「既存モデルとP30シリーズは、Androidのセキュリティアップデートとアフターサービスで影響を受けない」とするファーウェイ・ジャパンの声明も後押ししたようだ。

 Amazon.co.jpでは、P30/P30 liteを含む、Huaweiスマートフォンの直販を停止している。P30とP30 liteの販売ページには「現在在庫切れです」「この商品の再入荷予定は立っておりません」と表示されており購入できない。その他の既存モデルについては、Amazon.co.jpが直販するものは購入できないが、Amazonマーケットプレイスで出品されているものは購入できる。Amazon.co.jpのHuawei製品のページには「本製品はOS(オペレーションシステム)等についての懸念が発生しています」との記載もある。

 ITmedia NEWSが取材したところ、アマゾンジャパンの広報担当者は「お客さまが安心してお買い物ができるように対応を検討している」と回答した。

 ファーウェイ・ジャパンは、既存モデルやP30シリーズに関して、セキュリティアップデートとアフターサービスは問題ないと述べているが、OSバージョンアップを含むGoogleのサポートがフルに受けられるかどうかは不透明な状況。この状況がハッキリするか、打開するまで、各所での販売開始は難しそうだ。

ITmedia Mobile

最終更新:5/24(金) 18:55
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事