ここから本文です

巨人・中島が肩→頭部に当たる死球 怒りの表情でマウンドへ 一触即発、一岡は危険球退場

5/24(金) 20:28配信

デイリースポーツ

 「巨人-広島」(24日、東京ドーム)

 代打で出場した巨人・中島が七回、広島・3番手の一岡から肩に一度当たってから、その後、頭部に当たる死球を受けた。

【写真】口を開き、鬼の形相で一岡に歩み寄る中島

 3-5と2点を追う巨人、七回の攻撃。1死一塁から一岡が投じたボールは左肩に当たった後に頭部も当たって高く跳ね上がった。中島はすぐさま怒りの表情でマウンドに何歩か歩み寄る。ベンチを飛び出した両軍の選手らが必死に止め、乱闘には至らなかったものの、球場は一触即発の異様なムードにつつまれた。

 責任審判が場内アナウンスで一岡の危険球による退場と、両チームへの警告を発表した。中島の代走には増田大が送られた。広島の四番手には九里が登板。田中俊を抑えると、2死からフランスアにスイッチし坂本勇を中飛として、この回を無失点で切り抜けた。

最終更新:5/25(土) 13:49
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい