ここから本文です

巨人、攻守でチグハグ広島に屈す 原監督「我が軍の不徳の致すところ」

5/24(金) 21:56配信

デイリースポーツ

 「巨人3-8広島」(24日、東京ドーム)

 首位攻防第1ラウンドは、広島打線に巨人投手陣が打ち砕かれた。対広島は1引き分けをはさんで4連敗。ゲーム差は2に広がり、3位阪神とは0・5差になった。

【写真】走塁死の石川、恨めし気に見つめる先に…

 先発のヤングマンは五回を4失点。坂本勇が14号ソロで先制点を奪った直後に広島の4番・鈴木に14号ソロを被弾、さらに四回にも3番・バティスタに10号ソロを打たれるなどして勝ち越された。

 2番手・田原は1回2/3を無失点で抑えたものの、3番手・戸根が、代打・坂倉に右中間への二塁打を許した後で、サインミスとみられるパスボールから、野間のバントヒットによる1失点と、流れをつかみきれなかった。

 八回には5番手・アダメスがバティスタの看板直撃11号ソロ、さらに五番・西川にも2号ソロを浴び、広島クリーンアップ全員に本塁打を許した。

 攻撃でも坂本が五回、この試合2本塁打目となる15号ソロを放つ前に、塁に出ていた石川が二塁けん制でアウトになってしまうなど、チグハグな展開となった。

 また、七回、代打で出場した中島が、一岡から肩に当たってから頭部に当たる死球を受け、激高してマウンドへ。両ベンチから選手が飛び出して必死に制止する一触即発のムードになり、両チームに警告が与えられた(一岡は危険球退場)。どの場面を切り取っても、巨人にとってはすっきりしない内容となった。

 原監督は石川の場面は「一塁コーチャーの責任でもあるね。コーチャーのもう少し、注意深くね」とチーム一丸でミスを防ぐべきだったと言及。試合全体を「今日はちょっと、隙を見せたというのは、我が軍の不徳の致すところでしょうね」と、振り返った。

最終更新:5/24(金) 22:17
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事