ここから本文です

ヤクルト・小川監督、2年ぶり9連敗…「開き直ってやるしかない」 攻守に精彩欠く

5/24(金) 22:42配信

デイリースポーツ

 「ヤクルト1-6中日」(24日、神宮球場)

 ヤクルトが17年9月以来となる9連敗を喫した。

【写真】小川監督が仁王立ちするベンチが暗すぎる

 先発の小川が三回に四球と3連打で2点の先制を許すと、五回は村上の悪送球に自身の失策もからんだピンチに、高橋に適時打を浴びて失点。リリーフ陣も七、八回に連打でダメ押し点を奪われた。

 打線は七回にバレンティンのソロで1点を返したのみ。中日先発の勝野に、プロ初勝利を献上した。

 5試合連続で2得点以下の得点力不足に、この日は4失策と守備の乱れも出た。

 小川淳司監督は、6回3失点の小川について「結果的には粘ったと言えるかもしれないけど(三回は)2死からの四球から。もったいない失点だった」と指摘。失策が失点に絡んだことに「ああいうミスが出てくる以上、連敗を止めるのは難しくなる」と表情を曇らせた。

 先制点を奪われたのは7試合連続。気迫が結果につながらない現状が続くが「そういう思いを選手一人一人が持っていると思うけど、開き直ってやるしかない。試合に集中するだけ」と、懸命に前を向いた。

最終更新:5/24(金) 22:52
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事