ここから本文です

広島・九里、チームの緊急事態で存在感 一岡危険球で急きょ登板も1球で料理

5/24(金) 23:08配信

デイリースポーツ

 「巨人3-8広島」(24日、東京ドーム)

 広島の九里亜蓮投手が、チームの緊急事態で存在感を示した。

【写真】ぼう然と帽子をとる一岡

 5-3の七回1死一塁で、この回から登板した一岡が、代打・中島に頭部付近へ死球。危険球退場を宣言された。救援陣で肩をつくっていた投手はおらず、九里に急きょ出番が巡ってきた。

 ブルペンで数球を投げるとマウンドで10球程度の投球練習し準備は終了。1死一、二塁で田中俊を初球の変化球で右飛に打ち取った。この日、2本の本塁打を放っていた坂本勇からはフランスアの準備ができていたため、わずか1球でマウンドを降りることになったが、スタンドからは投球をねぎらう大きな拍手がわき起こった。

 緒方監督と佐々岡投手コーチの期待に応えた九里は「しっかりと終われたので良かったです」と充実感をにじませた。

最終更新:5/24(金) 23:23
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事