ここから本文です

MITの学生が資源ごみ分別ロボットを開発

5/24(金) 6:18配信

Bloomberg

Bloomberg

かつて米国が輸出する資源ごみの40%を輸入していた中国は近年、24品目以上の資源ごみの輸入を禁止した。行き場を失ったプラスチックごみは1億1100万トンに上ると専門家は見積もっている。こうした中で、米マサチューセッツ工科大学(MIT)のコンピューター科学・人工知能研究所(CSAIL)の学生が、資源ごみを識別して仕分けするロボット「RoCycle(ロサイクル)」を開発した。キャロル・マッサーの動画リポート。

最終更新:5/24(金) 6:18
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事