ここから本文です

丸山議員戦争発言に千島連盟が抗議文「常軌逸し極めて遺憾」

5/24(金) 6:31配信

北海道新聞

元島民や家族の思いを踏みにじる

 本年度第1陣のビザなし交流訪問団の一員として訪れた国後島で、戦争による北方領土の奪回に言及し、日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員に対し、元島民らでつくる千島歯舞諸島居住者連盟(千島連盟、札幌)が23日、抗議文を送った。

 抗議文では、訪問団の団長で千島連盟会員の大塚小彌太さん(90)に対し今月11日に、「戦争によって北方領土を取り戻すことを示唆する発言を行ったこと」と「その前後の行動」について、「常軌を逸したもので、極めて遺憾」と非難。また、発言は、元島民や家族の思いを踏みにじるもので、「強い憤りを覚えるとともに、到底容認できない」と、強く抗議している。

 抗議文の送付が23日になったことについて、千島連盟の脇紀美夫理事長は「あまりにもひどい発言で、取り合いたくないと思っていたが、その後も言い訳のような言動が続いたので、放置しておけないと思った」と説明。今後については、「抗議文を受けて連絡が来れば、その時点で対応を考える」と話した。

 丸山氏を巡っては、国後島滞在中に、「外に出て女性がいる店に行こう」と発言し、何度も外出しようとしたことも明らかになっている。(川崎学)

最終更新:5/24(金) 12:30
北海道新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事