ここから本文です

『シンゾーがいないと寂しい』トランプは片思いかストーカー?安倍外交は日本を取り戻したのか【後編】

5/24(金) 6:31配信

FNN.jpプライムオンライン

仕事と関係ない話ができる仲

ある日の「新報道2001」で、
「安倍首相はボンボンなのに、プーチンとかトランプとか不良と付き合うのがうまい」
とコメントしたら結構ウケたので、安倍さんに会った時にそう言ったら、
「だって不良には麻生さんで慣れてるから」
と答えたので、周りにいた人達が大笑いした。

別の時に番組で
「安倍さんは猛獣使いとしてトランプの調教を世界から期待されている」
とコメントしたら米紙ニューヨークタイムズに
「フジテレビ日曜朝の平井というコメンテーターは、安倍のことをアニマルトレーナーと呼んでいる」
と引用されたこともあった。

【画像】銀座の高級寿司店にお招きしたのだけれど…この大統領は寿司より仕事

平成28年(2016年)11月、米国でドナルド・トランプ氏が大統領に選ばれた。
そのわずか10日後に安倍さんはニューヨークに飛び、トランプタワーで会談、すっかり意気投合した。
翌年2月にはフロリダの別荘に招かれてゴルフをするまでに仲良くなっていた。

初ゴルフでは1ラウンドの後、さらにもうハーフ回った。
「ワンハーフきつくなかったですか」
と聞くと、
「アメリカの大統領からもうハーフやろうって言われたら断れないよ。別にそこまでゴルフが好きじゃない。日本のために必死でやったんだよ」
と笑いながら答えてくれた。
男のこういう付き合いというのは友情が育つものである。

安倍さんがトランプとゴルフをしていたのはちょうど日本時間の日曜朝で、「新報道2001」の本番中だった。
安倍さんについて回っていた外務官僚がたまたま知り合いで、
「首相のスコア教えろ」と頼んだのだが、
「僕とSPしかいないので僕がしゃべったってバレるからだめ」
と断られてしまった。
それはそうだ。

僕と外務官僚のやりとりを横で聞いていたのか、安倍さんは直後に番記者に電話をくれて、
「さっきバーディー取ったよ」
と教えてくれ、無事放送することができたのだった。

安倍さんに
「トランプってどういう人ですか」
と聞くと、
「仕事の話をした後に仕事とは関係のない話をできる人っているじゃない。トランプさんはそういう人だね」
という。

横にいた側近が
「仕事の話しかできないのはオバマだよな」
とつぶやき、安倍さんは
「そんなことないよ」
と言ったが、目が笑っていた。

1/3ページ

最終更新:5/24(金) 14:08
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事