ここから本文です

早乙女太一、熱くなりすぎた松山ケンイチのNGを暴露「僕の台詞まで言っちゃったり…」

5/24(金) 10:03配信

AbemaTIMES

 5月23日、映画『プロメア』(5月24日全国公開)の公開を記念した舞台挨拶が、TOHOシネマズ日比谷にて開催され、声優を務めた松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人、ケンドーコバヤシ、佐倉綾音に加え、今石洋之監督、脚本を担当した中島かずきが登壇した。

 本作は、人気テレビシリーズ「天元突破グレンラガン」「キルラキル」を手がけた今石洋之監督と、脚本家の中島かずきが再びタッグを組むオリジナル劇場アニメーション。W主演を務めるのは、松山ケンイチと早乙女太一。燃える火消し魂を持つレスキュー隊員・ガロを松山ケンイチが、ガロと対峙する“マッドバーニッシュ”のリーダー・リオを早乙女太一が演じている。

 トークセッションの中で、アフレコ現場の雰囲気が話題に挙がると、熱血漢なガロの声を担当した松山は「第一声目で、声がガラガラになったんですよ。そんな経験今までなかった。やった後、これほど燃え尽きた作品はなかったんじゃないかと思います。びっくりな現場でした」と、驚きの表情で振り返った。

 松山との掛け合いのシーンが多かったという早乙女は、「松山さんの熱量がとにかくすごくて」と切り出すと、「勢いがありすぎて、僕の台詞まで言っちゃったりしていました」と、熱が入りすぎた松山のミスを暴露。続けて「火消しのはずなのに『燃やさなければ生きていけない!』って」と、松山が間違えて言ってしまった自身の台詞を口にすると、松山は「いやぁ、覚えていないですね(笑)」と、とぼけて見せた。

 熱いガロを全力で演じた松山だったが、堺の声の迫力には圧倒されたとのこと。「堺さんの表現は漢字、平仮名、片仮名のどれでもなかった」と言うと、早乙女も共感を示し、納得の表情。松山の言葉を聞き、堺は驚いた様子だったが、「確かに再現は不可能。声が裏返っちゃう」と話し、「意識していたことは?」との問いには、ただ一言「頑張る(笑)」と返答。さらに「相手はこの人(松山ケンイチ)ですよ?テストで声枯らす人ですから」と付け加えた。

 一方、ケンドーコバヤシが声を担当したネズミのビニーは、「台本に台詞がなかった」という珍しい役どころ。MCから「ケンドーコバヤシさんは、台詞に漢字も平仮名もないという…」と話を振られると、ケンドーコバヤシは「情けない話、あの役でNGを出した」とNGを告白。「気持ちが伝わってこない」というダメ出しに苦戦したそうだが「自分なりに楽しくやらせていただきました」と満足気に語った。

 また、かわいらしいキャラクターを演じたのも新鮮だったと言い、「だいたい頭の足りていない力持ちが多かったので(笑)。嬉しかったです」と話し、会場を笑いに包んでいた。


テキスト・写真:水野梨香

最終更新:5/24(金) 10:03
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事