ここから本文です

トヨタ、EV版C-HRなど来年市販予定の新型EVを世界初披露

5/24(金) 8:04配信

carview!

トヨタ自動車は4月16日、上海モーターショーで2020年に中国で販売を予定している「C-HR」ならびに「IZOA(イゾア)」の電気自動車(EV)を世界初披露した。

>>トヨタ 上海モーターショー出展モデル フォト集<<

C-HRとIZOAは、トヨタブランドとして中国市場に投入する初のEVとなる。なおIZOAはC-HRと販売チャネルの異なる兄弟車にあたるモデル。トヨタ自動車によれば、この2モデルを皮切りに2020年代前半にはグローバルで10車種以上のEV展開を予定しているという。さらに2030年までに電動車の販売を550万台以上に引き上げる狙いだ。

なおトヨタ自動車は、ほかにも「RAV4」ならびに「アルファード/ヴェルファイア」のハイブリッド車や、2019年3月に販売開始した「カローラ」「レビン」のプラグインハイブリッド車、90年代以降生まれの若者をターゲットに開発したEVコンセプト「RHOMBUS」などを上海モーターショーで披露した。

最終更新:5/24(金) 8:04
carview!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事