ここから本文です

今「紅茶」がキテる! フードや空間も含めて楽しめる本格派紅茶専門店といえばここ

5/24(金) 6:31配信

食べログマガジン

【今これがキテる! ~紅茶編~】優雅なティータイムを過ごすのにぴったりな紅茶専門店といえば?

新スタイルの紅茶専門店が急増中の今日このごろ。コーヒーブームの影響でレトロ純喫茶がリバイバルしたのと同じく、紅茶においても伝統的な様式のお店が再評価されています。そんな、今話題の「紅茶」をフィーチャーする今回は、ヨーロッパの香りがふわり漂う、クラシカルなティータイムを過ごすのにぴったりな紅茶専門店を紹介します!

口コミ評価ナンバーワン! シングルオリジンの飲み比べをするならここ「ティーサロンジークレフ」

食べログの紅茶専門店ランキングにて第1位を獲得している(2019年5月現在)のが、吉祥寺の「ティーサロンジークレフ」。英国風のインテリアに囲まれながら、農園直輸入というバリエーション豊かな紅茶を思う存分いただけます。

行列に並ばなければ入店できないことが多いため、遠方から足を運ぶ方は席の予約が可能なアフタヌーンティーがおすすめ。30種類以上のシングルオリジンティーが、なんと120分間飲み放題。今年の7月4日までは、ピーターラビットに登場するマグレガーさんの畑をイメージした可愛らしい限定セットが用意されています。

フランスの芸術的紅茶カルチャーを今に伝える日本旗艦店「マリアージュフレール 銀座本店」

1636年、本場イギリスに少しだけ先駆け、紅茶輸入がスタートしていたというフランス。ルイ14世の時代から続く紅茶文化を今に伝えているのが世界的な老舗ブランド「マリアージュフレール」です。

本国の拠点はパリにありますが、日本における本店があるのは銀座のすずらん通り。世界35ケ国から集めたという500種類以上の紅茶を取り揃えています。2階はコロニアル調、3階はアールデコ調のティーサロンがあり、雰囲気は本場そのもの。1階の販売所で茶葉を購入できるので手土産探しにも最適です。

古書店街のなかにたたずむ東京最古のティーハウス「ティーハウスタカノ」

都内初の紅茶専門店が誕生したのは、神保町の“すずらん通り”でした。1974年、紅茶研究家の高野健次さんが創業した「ティーハウスタカノ」は、今なお多くのファンに愛され続けています。

インド、スリランカ、中国などの茶葉をテイスティングし、店主が認めた最高品質のものだけを直輸入。自家製ケーキやスコーン、サンドイッチなど、紅茶のお供も豊富に取り揃えています。古書店めぐりと合わせて訪れてみてはいかがでしょう。

1/2ページ

最終更新:5/24(金) 6:31
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事