ここから本文です

マツダ 新型 「MAZDA3」発売 | 世界初となる“次世代エンジン”を採用

5/24(金) 11:00配信

オートックワン

マツダ 新型「MAZDA3」を発売

マツダは2019年5月24日、遂に新型MAZDA3(旧アクセラ/アクセラスポーツ後継モデル)を国内でも発売。価格は218万1000円~362万1400円。

■マツダ史上断トツのカッコ良さ!? 新型MAZDA3の内外装を画像で見る

※スカイアクティブ-G 2.0モデルは2019年7月下旬、スカイアクティブ-Xモデルは2019年10月発売予定。

新型 MAZDA3の主な特徴

新型 MAZDA3のボディタイプは、デザインコンセプトが異なるセダンとファストバック(5ドアハッチバック)の2種類が用意される。動力性能については車体構造を一新し、操縦性と快適性を向上させた次世代車両構造技術「スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー」を新たに開発。

またパワートレインはマツダが世界で初めて実用化した独自の燃焼方式「SPCCI(火花点火制御圧着着火)」を採用した「スカイアクティブ-X」をはじめとする4種類のスカイアクティブエンジンを搭載している。

そのほか、静粛性や各スピーカーの位置と方向を刷新したオーディオシステム「マツダ・ハーモニック・アコースティックス」、進化した先進安全技術「アイ・アクティブセンス」、操作性と機能性を向上させたコネクティビティ・システム「マツダ コネクト」を装備した。

ファストバックモデルはすでにドイツのデザイン賞で最高賞を受賞しているなど、よりハイクオリティなデザインを実現したモデルとなっている。

パワートレイン

MAZDA3は4種類のスカイアクティブエンジンを設定した。

■1.5リッター 直列4気筒直噴ガソリンエンジン「スカイアクティブ-G 1.5」

■2.0リッター 直列4気筒直噴ガソリンエンジン「スカイアクティブ-G 2.0」

■1.8リッター 直列4気筒直噴クリーンディーゼルターボエンジン「スカイアクティブ-D 1.8」

■2.0リッター 新世代ガソリンエンジン「スカイアクティブ-X」

新世代エンジン「スカイアクティブ-X」とは

「スカイアクティブ-X」はマツダ独自の燃焼方式「火花点火制御圧着着火(Spark Controlled Compression Ignition : SPCCI)」を実用化した世界初の内燃機関。圧縮着火を制御する技術をガソリンエンジンで実用化したエンジンである。

ディーゼルエンジンの初期レスポンスの良さとトルク、ガソリンエンジンのリニアな操作感と高回転まで伸びるスムーズさを兼ね備えている。さらに「Mハイブリッド」を組み合わせたモーターアシストによって燃費性能の向上をサポートしている。

1/5ページ

最終更新:5/24(金) 16:20
オートックワン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事