ここから本文です

ストライカーに注目! Fリーグ2019/2020プレビュー

5/24(金) 16:30配信

J SPORTS

2チームによるレギュラーシーズン上位3チームのプレーオフで優勝争い

Fリーグ2019/2020が、5月25日、26日に東京の駒沢屋内球技場で開幕節を迎える。13シーズン目となった今シーズンも、ディビジョン1は12チームによる3回戦制。レギュラーシーズン終了後に、上位3チームによるプレーオフが行われて優勝が決まる。最下位のチームは、ディビジョン2の2位チームと入れ替え戦を行う(ディビジョン1参加のFリーグ選抜の活動が今シーズンで終了するため、ディビジョン2の1位は自動昇格となる)。

「絶対王者」改め「無敵戦隊オーシャンズ」名古屋は今シーズンも優勝当確(!?)のスゴさ

リーグ開幕前の前哨戦。5月14日~19日に行われた、ディビジョン1、2参加のカップ戦、オーシャンカップは、名古屋オーシャンズが決勝で湘南ベルマーレを7-0の大差で下して優勝を収めた。名古屋はこれでクラブ通算30冠を達成したことになる。

その戦いぶりも圧倒的だった、ディビジョン2のチームとの戦いもあったが、4試合で44ゴールも奪っている。昨シーズン得点王のヴァルチーニョが健在なほか、遠めからでも鋭いシュートを決めることができるペピータやラファが絶好調。この3人でシーズンの得点王争いをするのではないかと思うくらいだ。

そして強力外国人選手の周りを安藤良平、西谷良介、吉川智貴といった、今、日本で最もエネルギッシュにプレーできるフットサルのエキスパートたちが固めている。攻守においてのプレーの強度が、他チームを圧倒しているのだ。

以前から「絶対王者」と言われてきた名古屋だが、今シーズン、チームは自分たちに「無敵戦隊オーシャンズ」というスローガンをつけた。見る人たちにとってのヒーローになろうという目論見だ。オーシャンカップでは、それまでのフィジカルの強さを押し通すだけでなく、魅力的なコンビネーション、パスワークが見られた。ただ勝利を重ねるだけでなく、どう勝つかという部分に変化がありそうなこのチームの戦いぶりに、注目してみるといいかもしれない。

ストライカーが各チームに分散 チームを引っ張る活躍をするのは誰?

ヒーロー宣言をした名古屋に対し、他チームがどのくらい抵抗するのかという点では、各チームの点取り屋「ストライカー」を見てみると面白いと思う。チーム全体で攻守に渡って連動して試合を作っていくプレーは、もちろん大切で魅力的な部分。しかし、攻撃の最後で決めるところをしっかり決める。チームが苦しい時間帯にゴールを決めてくれる。そうしたストライカーの活躍が順位に直結しているのが、ここ数シーズンでハッキリしてきているからだ。

昨シーズン準優勝のシュライカー大阪は、得点ランキング2位になったアルトゥールの獅子奮迅の活躍があった。ただ、最後尾の守備を担いながら、そこから前線まであがってシュートを決めに行くスタイルは、体に負担がかかりすぎている。ここは前線でプレーすることの多い相井忍や、加藤未渚実の得点力も期待されるところだろう。

立川・府中アスレティックFCは2シーズン前の得点王・渡邉知晃と昨シーズン加わったジョーの2枚看板。まさにチームが苦しいときに点を取るという活躍ができる2人で、今シーズンのプレーぶりが注目される。湘南ベルマーレは、いちばんシュート力のあるエースのロドリゴが相手陣でプレーできるかどうか。昨シーズンはシュートの一つの前のラストパッサー的な役割をするシーンが多かったが、もっと前でボールに絡めれば爆発的なゴール数が期待できるし、そうなるとゴール前での得点感覚が鋭い鍛代元気の得点数も増えてくるのではないだろうか。

ペスカドーラ町田はクレパウジ・ヴィニシウスと森岡薫という、かつて得点王を獲ったことのある2人が君臨している。昨シーズンはケガやチーム事情でポジションを変えたりし、2人ともフォームを崩した感があった。それでも森岡は、先のオーシャンカップでは全4試合でゴールを挙げている。バサジィ大分は湘南から移籍した小門勇太と、大阪から戻ってきた芝野創太の両レフティーに期待。ヴィトンとレイチの両外国人も得点が計算できれば、上位が見えてくるはずだ。

1/2ページ

最終更新:5/24(金) 16:30
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事