ここから本文です

トヨタ系サプライヤー、ホンダ向けエアバック強化

5/24(金) 17:11配信

ニュースイッチ

豊田合成が米国に拠点

 豊田合成は米国オハイオ州に技術・営業拠点を設立し、7月に稼働を始める。主要顧客であるホンダの研究開発拠点の近隣に事務所を置き、ホンダ向けに内外装製品やエアバッグの開発を強化する。人員は5人でスタートし、2020年代前半には約10人に増やす計画だ。

 現在は米州地域の統括子会社である豊田合成ノースアメリカ(TGNA、ミシガン州)本社に、設計や営業機能を置いている。ホンダのオハイオ拠点の近くにも設計や営業機能を構えることで、開発業務効率化につなげる。

 豊田合成は18年にもインドで技術・営業拠点を開設し、スズキ向けエアバッグの開発を強化した。顧客の近くに技術・営業拠点を整備することで、自動車メーカーの開発・生産ニーズに対応。海外事業の拡大を目指す。

最終更新:5/24(金) 17:11
ニュースイッチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事