ここから本文です

菰下鎔断、今期売上100億円乗せ目標

5/24(金) 10:23配信

日刊産業新聞

 菰下鎔断(本社=大阪府貝塚市、菰下千代美社長)は今期(2020年3月期)、売上高で100億円の大台乗せ、経常利益で前期以上の水準の確保を目指す。切板数量は前期が落ち込んだことから、前々期(18年3月期)並みの水準(月間平均=3800トン)までの回復を図る一方で、引き続き受注価格の改善を進めていく。工場は基本的に設備投資を抑制するが、昨年6月から稼働した本社・第3工場棟の稼働率を引き上げ、全体数量増に寄与させていく。人材採用・育成も最重要課題として取り組む方針。中期的には本社工場では技術研修制をさらに活用し、ベトナム人の作業員を現在の12人から20人まで増やす計画。

最終更新:5/24(金) 10:23
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事