ここから本文です

マツダがアクセラを捨て「MAZDA3」へ名前を変えた理由とは

5/24(金) 17:04配信

オートックワン

新世代マツダ車のど真ん中をいくアクセラがフルモデルチェンジ

最近のマツダ車は、魂動デザイン[魂動(こどう)-SOUL of MOTION]とSKYACTIV TECHNOLOGY(新世代技術:スカイアクティブテクノロジー)に基づいて開発されている(他メーカーが製造するOEM車を除く)。

■カッコよすぎる!? MAZDA3の内外装を画像で見る

いずれのモデルも外観はスポーティで、運転の楽しいドライバー本位のクルマ造りが特徴だ。
このマツダ車の持ち味と優れた実用性を両立した車種がアクセラスポーツ/アクセラである。ミドルサイズの5ドアハッチバック&セダンで、幅広いユーザーに適する。海外ではMAZDA3(マツダ スリー)の車名で売られ、CX-5に次いで販売台数が多い。

このアクセラがフルモデルチェンジを行い、2019年5月24日に発売された。注意したいのは、日本での車名も「マツダ MAZDA3」に変更されたことだ。

最近のマツダ車は、魂動デザイン[魂動(こどう)-SOUL of MOTION]とSKYACTIV TECHNOLOGY(新世代技術:スカイアクティブテクノロジー)に基づいて開発されている(他メーカーが製造するOEM車を除く)。いずれのモデルも外観はスポーティで、運転の楽しいドライバー本位のクルマ造りが特徴だ。

このマツダ車の持ち味と優れた実用性を両立した車種がアクセラスポーツ/アクセラである。ミドルサイズの5ドアハッチバック&セダンで、幅広いユーザーに適する。海外ではMAZDA3(マツダ スリー)の車名で売られ、CX-5に次いで販売台数が多い。

このアクセラがフルモデルチェンジを行い、2019年5月24日に発売された。注意したいのは、日本での車名も「マツダ MAZDA3」に変更されたことだ。

車名を変えた理由を開発者に尋ねると「新型のMAZDA3は、プラットフォームやサスペンションを刷新して、新世代商品の第1弾に位置付けられる。そこで車名も(海外と同じ)MAZDA3に変えた」とのこと。アクセラの車名で親しんだユーザーには、一抹の寂しさもあるだろう。販売店からは「噂には聞いていたが、本当に車名をマツダ3に変えるとは思わなかった」との声も聞かれる。

1/5ページ

最終更新:5/24(金) 17:17
オートックワン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ