ここから本文です

打倒ホンダ「シビック」! ルノーがニュルブルクリンクの量産FF車最速タイムを記録

5/24(金) 16:50配信

くるまのニュース

量産FF車最速となったルノー「メガーヌR.S トロフィーR」

 ルノー「メガーヌR.S. トロフィーR」が、ドイツのサーキット「ニュルブルクリンク」で量産FF車最速のラップタイムを記録しました。

量産FF車におけるライバル!? 「メガーヌ」と「シビック」を写真で比較(10枚)

 長年ホンダ「シビックタイプR」と熾烈なラップタイム競争をしているこのクルマ。いったいどのような特徴があるのでしょうか。

 メガーヌR.S. トロフィーRは、ルノーのスポーツモデル「メガーヌR.S.」の高性能版「メガーヌR.S.トロフィー」をさらにチューニングした特別モデル。

 搭載されるエンジンの最高出力は約300馬力を発揮し、ボディは最大130kgの軽量化がおこなわれています。このクルマは2019年末までに数百台限定で発売される予定です。

 ルノーは、このメガーヌR.S. トロフィーRをドイツのニュルブルクリンクの北コースに持ち込み、タイムアタックを実施。その結果、1周20.6kmのコースにおいてのラップタイムは7分40秒100を記録しました。

 なお、ルノーは1周20.832kmの場合のラップタイムは7分45秒389だと公表しています。同じコースであるにも関わらず、コースの長さが2パターンある理由は、1周20.6kmの場合はスタートラインを最初のコーナーへ進入する前に置いて、ゴールラインはスタート/フィニッシュラインに置くという従来の方法で計測したためです。

 一方、メガーヌR.S. トロフィーRのライバルといえるのがホンダ「シビック タイプR」です。2017年には同様にニュルブルクリンク北コースでのタイムアタックを行い、そのときに7分43秒80というラップタイムを記録しています。

 シビックタイプRがタイムアタックを行った後に、ニュルブルクリンクは改修工事を受けているため、今回メガーヌR.S. トロフィーRが走ったコースとは完全に同じコンディションというわけではありません。

 しかし、ルノーが量産FF車として最速のラップタイムを発表したことによって、ルノーとホンダのタイム競争は今後激しさを増すことが予想されます。

くるまのニュース編集部

最終更新:5/24(金) 19:14
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事