ここから本文です

大坂なおみ 負傷した右手は「よくなっている。100パーセント願う」<全仏オープン>

5/24(金) 22:17配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は24日、第1シードの大坂なおみが意気込みを語った。

【大坂ら全仏OP対戦表】

日本選手で初めて四大大会のシングルスに第1シードで出場する大坂は「オールコートのプレーヤーにならなければと思っている。ここ数年はクレーでよりいいプレーに向けて、どうすればいいかという問題を抱えていたけど、今年はいいプレーができていると思う。ここでどんな結果を出せるか、とてもワクワクしている」とグランドスラム3大会連続優勝に向けて抱負を語った。

前哨戦のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、プレミア5)で右手を負傷して棄権していた大坂は「手の状態は、よくなっている。日々よくなっているから、1回戦までに100パーセントの状態を願う。この2日間練習をしているから、いい状態」と現状を明かした。

初戦では、世界ランク92位のA・カロリーナ・スクミエドロワ(スロバキア)と対戦する。両者は顔合わせ。

上位シードが勝ち進むと、3回戦で第29シードのM・サッカリ(ギリシャ)、4回戦で第14シードのM・キーズ(アメリカ)、準々決勝で第8シードのA・バーティ(オーストラリア)、準決勝で第3シードのS・ハレプ(ルーマニア)、決勝で第2シードのKa・プリスコバ(チェコ)と対戦する組み合わせ。

最終更新:5/24(金) 23:33
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事