ここから本文です

丸山穂高氏“適応障害”「2カ月の休養必要」 診断書提出し欠席

5/24(金) 17:40配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

ビザなし交流で訪問した国後島で泥酔し、北方領土を戦争によって取り戻すことに言及して、国会から弁明を求められていた丸山穂高議員は、「2カ月の休養が必要」との診断書を提出し、24日の理事会を欠席した。

丸山議員が提出した診断書には、「疾病のため2カ月の休養が必要」と記載され、病名は本人の意向により公表されていないものの、関係者によると「適応障害」と診断されているという。

衆議院の議院運営委員会は、高市委員長と与野党の筆頭理事が出向いて聞き取りを行えるか、丸山議員側に提案するとともに、国後島に同行した政府職員からの聞き取りについても調整を進める方針。

FNN

最終更新:6/4(火) 18:05
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事