ここから本文です

「C・ロナウドは神。超越した存在」ユヴェントスの同僚キエッリーニが明かす

5/24(金) 18:31配信

GOAL

ユヴェントスに所属するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが、イタリア紙『トゥット・スポルト』のインタビューに応じ、チームや自身の将来などについて語った。

権田、大迫の奥さまは“超”がつく美女だった!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【32枚】

ユヴェントスにおいて8年連続となるスクデットを獲得したキエッリーニは、今シーズンを振り返り、まもなく退任する指揮官マッシミリアーノ・アッレグリに感謝の意を述べた。

「おそらく繰り返すことは不可能なことをやってのけた。だからこそ、数年後、彼が再びユーヴェに戻って来たとしても僕は驚かない。マックスとユーヴェは相思相愛で深い愛情で結ばれているから、将来的に再タッグを組むことになっても問題はないだろう」

今シーズンのユヴェントスにおいて、目玉となったのが、昨夏にレアル・マドリーから加入したFWクリスティアーノ・ロナウドだった。キエッリーニはポルトガル人スーパースターに尊敬の眼差しを送る。

「彼は神だよ。何か超越した存在だ。ジジ(ジャンルイジ・ブッフォンの愛称)が抜けた後の穴を埋めてくれて、非常に重要だった。クリスティアーノのトレーニングに対する献身性は、みんなにとって模範だよ。街にも完璧に溶け込んで、レストランに行ったりしていて、好奇心がある。よく街で彼のママと鉢合わせることがあって、言葉は分からないけど、いつも挨拶しているよ」

■恩師コンテの応援はもうできない?

来シーズンに向けて、元ユーヴェ指揮官アントニオ・コンテ氏のインテル指揮官就任の可能性が報じられている。キエッリーニは恩師に対する複雑な心境を明かした。

「彼をインテルで見ることになるなんて残念だ。だがこれも人生さ。仕事であることは理解できるが、不思議な気持ちになる。彼にとってすべてが上手く行くことを願っているが、インテルでは優勝して欲しくない。正直な気持ちだよ。チェルシーを指揮していたときは彼の応援をしていたが、インテルではできない…」

■現役はあと1~2年、引退後は幹部転身へ

続いて34歳のキエッリーニは、自身の将来について言及した。

「引退について何かしら考えるのは自然だと思う。8月に35歳になるわけで、あとプレーできるのは、1年か2年だろう。3年はほぼ不可能だと思う。ピッチでの仕事より、幹部としてのキャリアを築いてみたいと考えている」

最終更新:5/24(金) 18:31
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事