ここから本文です

【MLB】田中将大、今度は164キロ打球が胸直撃も好投 指揮官「あれで彼に火がついた」

5/24(金) 6:32配信

Full-Count

2試合連続で打球直撃も6回1失点、本人は「運が悪いなとも思うんですけど…」

■ヤンキース 6-5 オリオールズ(日本時間24日・ボルティモア)

 ヤンキースの田中将大投手は23日(日本時間24日)、敵地オリオールズ戦に先発し、6回5安打1失点5奪三振1四球と好投した。救援陣が打たれて今季4勝目はならなかったものの、ヤンキースは9回に決勝点を挙げて6-5で勝利。田中は2回に2試合連続で打球が直撃するアクシデントがあったが、抜群の反射神経でダメージを最小限に食い止め、続投した。試合後、アーロン・ブーン監督も「彼の目を見ると、投げたいという思いがあった」と振り返っている。

【動画】今度は164キロの打球が左胸を直撃も…抜群の反射神経で大怪我は“回避”、田中将大を痛烈な打球が襲った瞬間の映像

 田中は6回3安打無失点と好投した18日(同19日)の前回登板レイズ戦で、最後の打者の111.3マイル(約179.1キロ)の痛烈な打球が右すねに直撃。状態が心配されたものの、中4日で無事にマウンドに上がった。しかし、またしてもアクシデントに見舞われた。

 2回、1死一塁でルイーズのライナーが左胸付近に直撃。田中は三塁方向に跳ね返ったボールを拾い、一塁に投げるも、珍しく悪送球となって無死二、三塁とピンチが広がった。今回の打球速度も102マイル(約164キロ)と強烈。しかし、投球練習で状態を確認した後に続投すると、その後、満塁の大ピンチを背負いながらマーティンのニゴロの間の1点のみに食い止めた。

 この日の失点はこの1点のみに抑え、95球を投げてストライクは70球とストライク率73.7%の好投で6回1失点。救援陣が打たれて自身の勝ち星は消えたが、5連勝に大きく貢献した。

 試合後、地元テレビ局「YESネットワーク」は公式ツイッターで田中が地元メディアの取材に応じる様子の動画を公開。2試合連続で打球が当たったことについて右腕は「なかなかあまりないんですけど、それが2回続いたということで運が悪いなとも思うんですけど、その中で大きな怪我につながっていないのは運がいいのかなと思います」と苦笑いで振り返った。

 米メディアに自ら「今日の打球はどれだけスピード出てたんですか?」と聞いた田中は、102マイルと知らされると、再び苦笑。「前回のほうがやっぱり速かったです」と振り返った。実は、打球は右手人差し指、左手のグラブを“経由”して、左胸に当たっていたという。そのまま当たっていれば大怪我になっていた可能性もあったが、抜群の反射神経で最悪の事態は免れた。

「YESネットワーク」はブーン監督の試合後の記者会見も公開。打球直撃直後の田中の状態について、指揮官は「少しばかりの一時的な中断になって、彼の無事を祈っていた。彼の目を見ると、投げたいという思いがあった。そして一度投げてみて、我々は大丈夫だという印象を受けた」と話し、「あのプレーが彼に火をつけた」と振り返った

 今季7度目のクオリティースタート(QS、6回以上を投げて自責3以下)を達成し、防御率は2.94と約1か月ぶりに2点台に突入。田中が怪我人続出ながら首位を走るヤンキースを力強く牽引している。

Full-Count編集部

最終更新:5/24(金) 19:35
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事