ここから本文です

【MLB】田中将大、救援打たれ白星消滅も…6回1失点で防御率2点台、監督「素晴らしい登板」

5/24(金) 5:49配信

Full-Count

2試合連続で打球直撃のアクシデントも…好投で5連勝に大きく貢献

■ヤンキース 6-5 オリオールズ(日本時間24日・ボルティモア)

 ヤンキースの田中将大投手は23日(日本時間24日)、敵地オリオールズ戦に先発し、6回5安打1失点5奪三振1四球と好投したが、今季4勝目はならなかった。3点リードで降板したものの、8回に救援投手が同点に追いつかれて田中の白星が消滅。それでも、ヤンキースは9回に決勝点を挙げ、6-5で勝利した。

【動画】今度は164キロの打球が左胸を直撃も…抜群の反射神経で大怪我は“回避”、田中将大を痛烈な打球が襲った瞬間の映像

 18日(同19日)の前回登板で6回3安打無失点と好投したものの、最後は111.3マイル(約179.1キロ)の痛烈な打球が右すねに直撃して降板していた田中。この日は中4日で無事、先発マウンドへ。初回は1死からウィルカーソンに内野安打を許すものの、2三振を奪い無失点でスタートを切った。

 2回には、2試合連続のアクシデントに見舞われる。先頭ヌネスに左前打を許すと、続くルイーズの打球速度102マイル(約164キロ)の痛烈なピッチャー返しが胸付近を直撃。田中は三塁方向に跳ね返ったボールを拾い、一塁に投げるも、珍しく悪送球に。無死二、三塁とピンチが広がり、監督やトレーナーがチェックのためマウンドに向かったが、投球練習で状態を確認した後に続投した。

 デービスは四球で無死満塁の大ピンチを背負うも、ウィンズは遊飛。続くマーティンのニゴロの間に1点を失ったが、ビラーはニゴロで3アウト。先制点を失ったものの、最少失点で切り抜けた。

 結局、この日の失点はこの1点のみ。3回は2死からスミスに三塁打を許すもヌネスを空振り三振。4回も走者を出したが無失点に抑えた。ヤンキース打線が5回にフレイジャーのソロ弾で同点に追いつくと、その裏は3者凡退。すると、6回にはウルシェラの2点打で勝ち越し。田中は6回も3者凡退に抑えてお役御免となった。

 ヤンキースはその後もリードを広げたが、5-1で迎えた8回に2番手ホールダーが適時打を許し、走者を残して降板すると、3番手ケーンリーが痛恨の同点3ランを被弾。田中の勝ち星は消えた。しかし、9回にヒックスが押し出し四球で決勝点を奪い勝利。5連勝を飾った。

 試合後、地元テレビ局「YESネットワーク」は公式ツイッターでアーロン・ブーン監督の記者会見の映像を公開。指揮官は「特に最初の2回での球数を見た限りでは、彼に5回を投げ切ってもらうのは困難かと感じていた。彼は実際に5回を投げ切ってくれた。またしてもマサによる素晴らしい登板だった」と絶賛した。

 田中は白星こそ付かなかったものの、今季7度目のクオリティースタート(QS、6回以上を投げて自責3以下)を達成。2試合連続で打球直撃というアクシデントに見舞われたが、ゲームを作って勝利に貢献した。95球を投げてストライクは70球とこの日もコントロールは抜群で、防御率は2.94と約1か月ぶりに2点台に突入した。

Full-Count編集部

最終更新:5/24(金) 19:36
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事