ここから本文です

【MLB】田中将大「全然大丈夫です」 再び打球“直撃”も「胸トラップが上手くいかず…」

5/24(金) 13:17配信

Full-Count

前回登板でも打球直撃、その時は「隠していたサッカースキルを…」

■ヤンキース 6-5 オリオールズ(日本時間24日・ボルティモア)

 23日(日本時間24日)の敵地オリオールズ戦で6回5安打1失点5奪三振1四球と好投したヤンキースの田中将大投手。2回には、2試合連続で痛烈な打球が当たるアクシデントに見舞われた。それでも、気迫の投球で今季7度目、4試合連続のクオリティースタート(QS、6回以上を投げて自責3以下)を達成。救援陣が打たれ、自身に白星はつかなかったが、6-5の勝利に大きく貢献した。試合後には、ツイッターで打球直撃の場面について「胸トラップが上手くいかなかった」と冗談交じりにつぶやいている。

【動画】今度は164キロの打球が左胸を直撃も…抜群の反射神経で大怪我は“回避”、田中将大を痛烈な打球が襲った瞬間の映像

 まさかの2試合連続でのアクシデントだった。2回1死一塁の場面。ルイーズのライナーが田中の左胸付近を直撃した。田中は三塁方向に跳ね返ったボールをすぐに拾い、一塁に投げたが、悪送球となってピンチが広がり、その後1点を失った。しかし、その後は打球直撃の影響は感じさせない快投を見せた。

 6回3安打無失点と好投した18日(同19日)の前回登板レイズ戦でも、最後の打者の111.3マイル(約179.1キロ)の打球が右すねに直撃していた田中。その時は打球がちょうど一塁手のもとに跳ね返り、アウトとなっていただけに、ツイッターで「隠していたサッカースキルを思わず出してしまったよ…」と冗談交じりに振り返っていた。状態が心配される中、予定通り中4日でマウンドに上がった今回の打球速度も102マイル(約164キロ)と痛烈だったが、「今日は胸トラップが上手くいかなかったなぁ…」と再び笑いに変えた。

 田中はさらに「前回に比べて今回はダメージ少ないです! 全然大丈夫です」とツイート。次回登板も心配なさそうだ。防御率は2.94と約1か月ぶりに2点台に突入。首位を走るとはいえ、田中が離脱すればヤンキースにとっては大きな痛手となるだけに、チームにとっても、ファンにとっても一安心と言えそうだ。

Full-Count編集部

最終更新:5/24(金) 19:34
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事