ここから本文です

近鉄歴代最多安打1963安打を放った小玉明利氏 巧打の三塁手を振り返る

5/24(金) 15:16配信

Full-Count

近鉄の三塁を守り続け打率3割を6回マークする好打者

 5月19日、昭和中期に近鉄バファローズの名三塁手として知られた小玉明利氏が死去した。83歳だった。小玉氏は1935年6月10日生まれ。長嶋茂雄、野村克也、杉浦忠などと同級生。1953年、兵庫県の神崎工高を2年で中退して近鉄パールスにテスト入団。

【一覧】プロ野球助っ人選手歴代トップ5・打者編

 1軍デビューは1954年、この年から正三塁手となり、以後14年の長きにわたって近鉄の三塁を守り続けた。173センチ70キロと小柄だったが、シュアな打撃で安打を量産。打率3割を6回、打撃ベストテンには9回もランクイン。打撃タイトルはないが、1961年には最多二塁打を記録。バランスの良い中距離打者として活躍した。ただ打球が速かったために併殺打も多かった。

 1960年代の近鉄は万年下位チームであり、小玉が在籍中には一度もAクラス入りはなかった。弱小チームにあって、小玉は「チームの顔」として1957年から9年連続でオールスターゲームに選出された。また三塁手としてベストナイン5回。1958年からセは長嶋茂雄が17年連続で三塁手のベストナインに選ばれたが、この間のパのベストナイン三塁手は、有藤通世(ロッテ)が6回、小玉が5回、中西太(西鉄)が2回、葛城隆雄(大毎)、ロイ(西鉄)、森本潔(阪急)、国貞泰汎(南海)が各1回だった。

 1967年にはプレイングマネージャーになるが、1年で退任し、1968年には阪神に移籍。移籍した時点で通算安打数は1877本。同時期に榎本喜八(大毎)が1910安打。榎本とともに川上哲治、山内一弘に次ぐ2000本安打達成が期待されたが、打撃不振に陥り、あと37本を残して1969年限りで引退。まだ34歳だった。

近鉄の歴代安打数で1位となる1877安打、2位は大石大二郎の1824安打

2000本以下の安打数5傑

飯田徳治 1978安打(1947-1963)
毒島章一 1977安打(1954-1971)
小玉明利 1963安打(1954-1969)
谷佳知 1928安打(1997-2015)
井端弘和 1912安打(1998-2015)

 阪神時代の1968年5月15日の中日戦、阪神の藤本定義監督は、は1番の打順に偵察メンバーとして投手の森光正吉を入れていたが、中日の先発投手が左の小野正一とわかると、代打で右打者の小玉を起用。小玉は小野から本塁打。初回代打先頭打者ホームランという珍記録が生まれた。

 通算成績は1946試合6875打数1963安打130本塁打788打点135盗塁 打率.286 ベストナイン5回、オールスター選出9回 監督成績は59勝71敗2分 勝率.454 6位1回だった。

近鉄の歴代安打数5傑

1.小玉明利 1877安打
2.大石大二郎 1824安打
3.土井正博 1714安打
4.小川亨 1634安打
5.羽田耕一 1504安打

 小玉は近鉄で一番多くの安打を打った打者だった。1960年代に2000本安打をクリアした川上哲治、山内一弘、榎本喜八は全員、野球殿堂入りを果たしている。小玉ももう少しだけ頑張れば、殿堂入りした可能性もあっただろう。何しろ引退したのが50年前である。小玉明利の名前はよほどのファンでないと知らないが、昭和中期のパ・リーグには、こんな名選手がいたのだということは記しておきたい。

広尾晃 / Koh Hiroo

最終更新:5/24(金) 15:18
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事